×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

グラニーバックについて

グラニーバッグは「おばあちゃんが作ったバッグ」という由来です。
現在は大流行しているエコバッグの代用品として持っている人が増えています。
通常は布製のものが一般的です。素材が柔らかく、身体に圧迫感がないので重い物も入れて持ちやすいことが人気の理由です。
また素材が自体が軽いので、子供用のバックにする人も多く見受けられます。
グラニーバッグの古いイメージが、「かわいい使えるバック」に変化してきたのは、
グラニーバックを販売するショップが増えてきたことが背景にあると思います。
アジアンテイストのデザインやハワイアンキルトをたくみに使ったお洒落なグラニーバックも販売されています。
機能性の面だけではなくファッションの一部としてグラニーバッグを持つようになる人もいます。
中にはグラニーバッグを手作りしている人もいます。
ネット上でハンドメイドの作品を公開している人も増えていてひそかに熱い人気が集まっているようです。

ハンドメイドのグラニーバックの作り方について

最近はハンドメイドのグラニーバックの人気になってきたので、手作り用のキットも販売されています。
「自分でバックを一から作るのはちょっと・・・」と及び腰の人もすぐに作れるのでおすすめです。
やはり自分で作ったハンドメイドでオリジナルのグラニーバックは愛着がわきます。裁縫はちょっと苦手かなという人でもチャレンジしてみると楽しいかもしれません。グラニーバッグの素材は手芸店などでも販売されるようになっています。自分だけのオリジナルの作るのにいい材料が見つかると思います。
素材の布はあらゆるものから作ることができます。いらなくなった浴衣や風呂敷なども素材として活用する人がいます。
初心者の人はキルティング生地の一枚仕立てあるいは綿なしの素材で作ることをお勧めします。
最近はネットで作り方を公開している人たちがかなり増えてますので、そちらも参考にするといいでしょう。

ハンドメイドで作るグラニーバックの魅力

自分のハンドメイドのグラニーバックは世界でただ1つのグラニーバックなので、愛着も強いものです。
カジュアルファッションの一部としてでも使えるので、自分だけの個性を出すことができます。
また要らなくなった服などを再利用して作ることもできる環境に優しいエコアイテムで、
一度気に入ったグラニーバックを作り上げるとやみつきになってしまう人が続出しています。
おしゃれに使うことはもちろんですが、グラニーバックを作る過程そのものを楽しみにしている人も少なくありません。
作ったものが即自分のオシャレアイテムに変身するあたりが、
ハンドメイドのグラニーバックにはまる人たちの気持ちではないでしょうか。
素材も安く手に入り、簡単に作れてオシャレなところがグラニーバックの価値が見直されているところです。
手軽さと自分だけのオリジナルを持ちたいと思っている人たちの気持ちを掴んだことが
最近のハンドメイドのグラニーバックにこだわる人を増やした理由だと思われます。

Copyright © 2007 ハンドメイドのグラニーバックを作る方法